ガスコンロの事ならお任せ!ガスコンロなび

home > ガスコンロ情報 > 生活に欠かせないガスコンロ、その寿命とは

生活に欠かせないガスコンロ、その寿命とは

毎日の食事作りに欠かせないのが、ガスコンロです。
毎日当たり前のように使っていますが、住宅設備の一つです。
当然、徐々に劣化が進んでいってしまいます。
安いものではありませんから、「故障するまで使いたい」という気持ちもわかります。
とはいえ、故障のタイミングはいつだって突然やってくるものですから、事前に準備しておいた方が、スムーズに、そしてお得に買い替えを進められることでしょう。
ここで気になるのが、ガスコンロの寿命についてです。
不具合が出るまで使う方も多いですが、一般的な寿命は7年から10年程度だと言われています。
「意外と短い」と感じる方も多いと言えそうです。
これぐらいの時期を迎えると、徐々に小さなトラブルが気になり始めます。
こうしたトラブルを無視することなく、どう対応するべきか真剣に検討してみてください。



ガスコンロの調子がおかしいと感じたときには

毎日使っているガスコンロにトラブルが起きると、困ってしまう方も多いことでしょう。
それと共に、「いったいどうすれば良いのだろう」と不安を感じることもあるかもしれません。
こうした場合でも落ち着いて実践できる対処法を紹介します。
まず、コンロに異常を感じたときには、火を消しましょう。
またガスの元栓も閉じておきます。
そこまで完了したら、次はガスコンロの製造年月日を調べます。
もし10年以上も使っている製品であれば、買い替えを検討するのがオススメです。
修理を希望したところで、メーカーにもすでに部品がないことが予想されるためです。
それ以下の場合には、修理か買い替えか決断を迫られることになります。
まずは業者に来てもらい、プロの目で判断してもらうのも一つの方法です。
それぞれの見積もりをもらうことで、メリット、デメリットをはっきりさせられます。



ガスコンロを安全に使うために知っておくべきこと

ガスコンロは、日本人の生活に密着した住宅設備です。
フライパンで玉子を焼いたり、やかんでお湯を沸かしたりと、一日中活躍してくれることも多いでしょう。
安全に使えるように設計されてはいますが、万が一にも火事や事故を起こさないためには、自分自身が確かな知識を身につけることも重要なポイントとなります。
ガスコンロの世界では、2008年に大きな変化が訪れました。
それは安全に使えるコンロの条件が、大幅に変更されたこと。
それまでは、いくつかあるコンロの口の一つだけに、安全に使うためのセンサーが搭載されていました。
しかしこれでは効果が期待できないことから、ルールが変更されています。
現在では、昔の基準で作られているコンロは、販売できないようになっています。
もし、今自宅で使っているコンロが、2008年よりも前に作られた製品である場合は、買い替えを検討した方が良いでしょう。
安全性を高めることができます。

次の記事へ
ページトップへ