ガスコンロの事ならお任せ!ガスコンロなび

home > ガスコンロ情報 > ガスコンロの掃除は意外と簡単です

ガスコンロの掃除は意外と簡単です

キッチンで一番汚れやすい場所と言えば、換気扇とガスコンロです。
しかし、換気扇は流石に毎日は掃除する必要はありません。
月に数回でいいでしょう。
しかし、ガスコンロはそうはいきません。
毎日掃除するのが基本になります。
ガスコンロの汚れは頑固で落とすのに手間がかかると言うイメージがあり、掃除を嫌がる人が非常に多いですが、実はそうでもありません。
使ったあと、すぐに掃除をすれば驚くほど簡単に汚れを落とすことができます。
五徳を外して重曹を粉のまま振りかけて、勢いよくお湯をかけてみましょう。
重曹がクレンザーのように働いて、全体の汚れをからめ取ってくれます。
そして、最後に全体をサッと拭くだけでかなりきれいになります。
しかし、掃除を怠ると、脂汚れは固まってしまい、落とすのが一筋縄ではいかなくなるので注意しましょう。



火力が違うガスコンロの魅力とは

近年ではオール電化と呼ばれるため電気を中心とした生活があります。
料理をするにも電気を使いIHクッキングを心がけているため、ガスは非常に厳しい時代に入ってきましたが、それでもやはりガスは強いです。
根強く人気を誇っているためその理由を考えていきます。
まず一つ目は、やはり火力が違い炒飯などパラパラに出来そうで出来ないと言う物に対してガスに部があります。
しかし、両者を比較すると見えてくる所があり一概に良い悪いは言いにくいです。
まずは、IHの方がフラットになっているため、掃除を布タオルか何かですぐに終わらせる事ができます。
しかし、ガスコンロは昔ながらのお馴染みの物ですが掃除が非常にやりにくいと言うのも難点です。
そうならないように家を購入した時点で綺麗に保つ努力をする事が非常に大切になってくるのではないでしょうか。



最新式のガスコンロは機能性が高い

主婦にとって料理は毎日するものなので、ガスコンロは使いやすいに越したことはありません。
古い型番のものは必要最低限の機能しか付いておらず、料理好きな方には物足りなく感じることがあるでしょう。
最新のガスコンロには火加減の自動調節機能が付いているので、煮込み料理をしていても吹きこぼれの心配がないので安心です。
またコンロ本体にタイマーが付いているので、調理中に鍋を見張っていなくても、ほかの家事を片付けてしまうこともできます。
最新式のガスコンロはお手入れがしやすいのが特長です。
従来付いていた受け皿がないすっきりとしたデザインなので、吹きこぼれもサッと拭くだけできれいになります。
五徳も従来のものに比べ、細くスマートな形状なので、見た目がおしゃれで汚れが落としやすくなっています。
天板自体も汚れが付きにくく、耐久性のある構造なので、調理器具を落としても傷が付きにくいという特徴があります。

次の記事へ
ページトップへ