ガスコンロの事ならお任せ!ガスコンロなび

home > ガスコンロ情報 > ガスコンロの安全装置

ガスコンロの安全装置

 料理が趣味、そんな人は多いではないでしょうか。料理のメリットは自分の食べたい食事が毎日作れること、たとえ失敗でも「食えりゃ問題ない」とあっさり開き直れること、いろいろあります。料理で大事なことは何より火力です。強い火力で調理すると何でもおいしくなる、そんな気がなんとなくします。
 たとえ自分がとんでもないほどの料理下手でもうまく作れた気になれてしまいます。大きなガスコンロでフライパンをふるってチャーハンでも作ってみれば味がめちゃくちゃおいしかったりもします。おお、自分もやれるんだと自分の自信に繋がるかもしれません。料理で必要な強い火力、それを実現するにはガスコンロが必要不可欠です。ガスを使った炎でしかありえないような、そんな料理にこだわる人にはたまらない魅力がたくさんあります。

 ガスで起こす炎の特徴は何と言っても温度が高いことです。IH式のクッキングヒーターでもそこそこの火力を出すことはできますが、ここぞという時の強い火力は一瞬で大きな炎が出せるガスコンロでなければ難しいでしょう。ガスコンロで作った料理がおいしくなる理由には熱の伝わりやすさもあります。フライパンを熱する時には炎で直に加熱します。当然フライパンが温まるのも早く、スピーディーに作業をしながらも材料はしっかりと火が通っているという理想の形が出来上がります。
 ただ、ガスコンロにはいい面もあれば悪い面もあります。人の中にはうっかりさんが多いです。例えば風などで火が消える「立ち消え」が起こった時、それに気づかなければガスが漏れっぱなしになります。うっかり着火しようものなら爆発します。

 こんな感じで人が気付かない時に重大な問題が起こることというが本当にあります。いつもうっかりして何か見落としがちな人は安全装置付きのガスコンロを使った方がいいでしょう。立ち消えに気づかなくても安全装置が働いて自動で火を消してくれます。トラブルがあったら対処すれば大丈夫と思っていても、そんな簡単にはいきません。ガスには匂いが付いているため、ガス漏れに気づくことは簡単です。
 しかし、おそらくはガス漏れに気づいても慌ててしまってうまく動けないという人が多いのではないでしょうか。ガス漏れは放置すると危険度がどんどん上がります。安全装置が付いていればいざという時に動けなくても装置がどうにかしてくれます。重大な問題が起こる可能性が確かにある、そして実際に起きたら対処できるか分からない、これを踏まえても安全装置は必要だということが分かるでしょう。おいしい料理を作るにはまずは身の安全の確保から、これが重要です。

次の記事へ
ページトップへ